スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

小笠原2008年8月 7

2日目はダイビング予約なしだったのでレンタカーを借りて島内観光。なんとレンタカーもこの1日しか予約出来ずです。島に十数台しか無いのでしょうがないことですが・・・・

3日目は唯一のフルDAYダイビング。ケータまで遠征です。

1本目 後ろ島

透視度30m MAX27m 水温27℃

ここはなんと言ってもこのシロワニ君。

運よく会えました。

何にも知らずにこんな顔したやつに遭遇したら絶対逃げるか気絶しそうです。まして近づこうなんて絶対思えません。

ホワイトチップなどの頻繁に会うサメですらあまり近づきたくは無い私ですが、このときはガイドのM君が最高の撮影ポイントへと導いてくれます。あぁ、でもこんな写真が限界です。M君期待に添えなくてゴメン。

IMG_7451-JN-S.jpg 

IMG_7453-JN-S.jpg

2本目 マグロ穴

透視度30m MAX16.3m 水温28℃

次もまた小笠原へ行ったら一度は行きたいマグロ穴。水上に出たわかりやすいアーチの岩が目印です。

IMG_7486-JN-S.jpg

穴の中には期待通りイソマグロ。マグロとはいえおいしく無いのが幸いして釣り魚にはならずダイバーの目を楽しませてくれます。

IMG_7505-JN-S.jpg IMG_7521-JN-S.jpg

これだけ見えていれば誰もはぐれることはないでしょう。最高のリラックスダイビングです。

IMG_7575-JN-S.jpg

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 小笠原
  2. TB(0)
  3. CM(2)

小笠原2008年8月 6

やっとダイビング編に突入。

すっかり出遅れて予約が取れないダイビングサービスでしたが、やっと4日間(そのうち3日は半日だけ)予約が取れたのがマリンコンダクター エスコート

まずは初日から。

マリンコンダクターのダイビング専用クルーザー「ドルフィンテール」。

グリーンの船体が目立ちます。ちょっと小さめだけど十分な広さ。

もちろんトイレ・シャワーありです。

ドルフィンテール 

1本目 野羊山下

透視度40-50m MAX18.7m 水温29℃

IMG_7248-JN-S.jpg 

2本目 沖二子岩

透視度40-50m MAX22.5m 水温29℃

すごく人なつっこいユウゼンに遭遇。

いつも三宅島などで見るユウゼンは大体すぐ逃げてしまうのにこのペアはフィッシュアイポートにぶつかるくらいの距離でも逃げません。小笠原のユウゼンは撮りやすいなぁと思ってしまったけど、こいつらが特別だったらしくその後に会った個体はこんなには近づけさせてもらえません。

IMG_7287-JN-S.jpg 

IMG_7303-JN-S.jpg

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 小笠原
  2. TB(0)
  3. CM(0)

小笠原2008年8月 5

もう一日のノーダイビングではピンクドルフィンでドルフィンスイム。

・・・・・の予定が・・・ドルフィンはぜんぜん姿を見せず、南島観光+シュノーケリングツアーとなってしまいました。

ド派手なピンクの船体はどこにいても目立ちます。

P8140448-S 

南島の入り口、鮫池。

入り口が浅いので入り江に入れる船はあまり無いらしい。P8140408-S

磯釣りの渡し船の要領で接岸。上陸するのは自然ガイドと同行が必須。

そのほかルールがあるので行って見たい人は事前に確認を。

P8140446-S 

南島と言えばこれ 扇池。

鮫池を使って上陸しない場合は奥に見える穴からシュノーケリングで上陸。P8140411-S

みんなが撮ってるのはなぜか取り残された亀の子。

P8140431-S

必死に海をめがけて這いまわる。

P8140429-S

もうすぐ海へ・・・・

P8140436-S 

この子はこの後海へ到達するんだけど、しばらくするとまた浜に打ち上げられてしまいビーチで一休み。

再度挑戦してもまた戻ってくる。しばらく見てたけど出航時刻となりバイバイ。

うまく海へ出られたろうか?幸運を祈ります。

  1. 小笠原
  2. TB(0)
  3. CM(0)

小笠原2008年8月 4

 

いつもはほぼ毎日ダイビングへ行く予定を組んでいるのですが、おが丸の予約確定してからダイビングサービスを探し始めた今回はすっかり出遅れてしまいどこのサービスもほぼ満員。

やっと空きが取れたマリンコンダクター エスコートも毎日は無理。そこで1日はレンタカーで島内観光、1日はピンクドルフィンでシュノーケリング&ドルフィンスイムです。

旭平展望台からの眺め

IMG_7387-S

初寝浦展望台からの眺め

IMG_7404-S

長崎展望台から。左上に見えるのは兄島

IMG_7413-S

釣浜展望台では野生のヤギに遭遇

IMG_7424-S

三日月山展望台はウッドデッキが気持ちいい

P8110278-S

車椅子用に手すりが一段低くなったところは危険防止のためかアクリル板が貼ってありました。

P8110293-S

ザトウクジラの時期にはここからでも見えるんだろうなぁ

P8110294-S

小笠原海洋センターへ向かう途中の岸壁ペインティング

P8110329-S

小笠原海洋センターでは亀の卵を保護して孵化しています。

P8110315-S

アオウミガメ・アカウミガメ・タイマイ。孵化したばかりカラ大人までいろいろな大きさの亀にあえます。

P8110320-S

アオウミガメの餌付けも出来ますよ。

P8110308-S

  1. 小笠原
  2. TB(0)
  3. CM(0)

小笠原2008年8月 3

ホテルホライズンのシェフは最近変わったばかりのようです。以前、港のそばにある姉妹店ホライズンドリームで活躍していた「よっちゃん(島の人がよんでました)」が腕を振るっています。どれもおいしくて毎日楽しみでした。

基本的にイタリアンと和食を交互にして出航前日はバーベキューがパターン。そんな中でちょっと紹介。

ある日のメニュー。右下に「よ」印があります。

P8110342-S

いろいろ出てきます。並びは上記のメニューとは関係ありません

P8110337-S

 

P8110341-S

 

P8130403-S

 

和食はこんな感じ

 

P8140490-S

ある日の朝食   

P8160581-S

ある日の朝食(洋食)

P8150498-S

 

普段は昼食はアラカルトも含めありません。でも前日くらいにお願いすると作ってくれます。

これはドライカレーの注文に応えてくれた一品。

P8150508-S

P8150511-S

  1. 小笠原
  2. TB(0)
  3. CM(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。